Q なぜそんなに安く本が作れるのですか?

全ての工程を自社で一括管理しています
デザイン・印刷・製本まで、全ての工程を自社で行うことができるため、格安な料金で自費出版をサポートすることができます。各工程において専門家が対応しており、クオリティの高い本を作成しています。

Q サンプルが見たいのですが。

ご要望に応じて送付いたします
製作予定の書籍の仕様(体裁やページ数など)をご連絡いただければ、その仕様に近いものの中から書籍をサンプルとしてお送りいたします。メールまたはお電話でご連絡ください。なお、サンプルの書籍が少ない場合は、ご返送いただく必要がある場合がございますので、ご了承ください。

Q どれくらいの期間で完成しますか?

本の仕様により異なりますが、目安は1〜2ヵ月です
納期は本の仕様や校正の回数、本文のレイアウトやデザインの要・不要などによって変化します。だいたいの納期は次のとおりです。
・デザイン等が不要で校正などがほとんどない場合:入稿後約40日
・デザイン等が不要で校正後に10ヵ所程度の訂正・修正がある場合:入稿後約50日
・デザインや本文レイアウト、校正・編集が必要な場合:入稿後約60日
※上記日数は目安です。校正回数が増えればそれに応じて納期は遅れます。

Q 本の仕様はどのようなものがありますか?

下記にまとめました
サイズ  (B6・B5・A5・A4など)
ページ数 (100頁など)※もしくは文字数(2000文字)
製本方法 (中綴じ・ソフトカバー・ハードカバー等)
PP 加工  (クリアorマット)
制作冊数 (500冊)
色数   (表紙4色 本文1色)※ご不明な点は、当社までお問い合わせください。

Q ソフトカバーとハードカバーの違いは何ですか?

それぞれに使われる用途が違います
ソフトカバー 並製本とも呼ばれます。ハードカバーに比べ表紙が柔かく、本文用紙と同じ大きさになります。ビジネス書・エッセイ集・コミックス、新書や文庫本などによく使用されています。低価格で質のいいものが出来上がります。ハードカバー 上製本とも呼ばれます。ボール紙を色上質紙で包んだ紙が使われ、丈夫で長持ちします。
表紙の大きさが本文用紙に比べてやや大きめで、小説などの装丁に多くみられます。ハードカバーの場合、見返しをつける必要があります。

Q 白紙や目次もページ数に含めて考えますか?

はい含まれます
扉(タイトルや著者名のページ)や目次、奥付(流通ありの場合は必須)、白紙のページもページ数に含めてください。

Q PP加工って何ですか?

表紙やカバーを汚れやキズから守る加工です
印刷された紙に接着剤を塗布してフィルムを圧着させる加工を施します。(流通なしでカバーなしの場合は、PP加工をしないことも可能です。)PP加工には、クリア(光沢あり)と、マット(光沢なし)があります。

Q 1ページは何文字くらいですか?

お手元の本を参考になさってください
1ページ当たりの文字数は、書籍のサイズ、文字の大きさ、余白の取り方などによって大きく異なります。当社でレイアウトをご依頼いただく場合、お手元の書籍などを参考に、お客様が読みやすいと思われる文字の大きさや、文字数をお伝えください。もちろんお任せいただいてもかまいません。

Q 文字中心ですが、数枚イラスト(又は写真)を載せられますか?

はい載せることが可能です
カラーの場合だけでなく、通常のモノクロ印刷の場合でもイラストや写真を載せることができます。
イラストや写真をデータでお送りください。画像のスキャニングが必要な場合には、スキャニング料金がかかります。

Q 注文した部数と別に予備はつきますか?

はい。予備がつきます
原則として、制作冊数の1%を予備としていますが、お渡しする予備の有無、および数量は、印刷・製本の難易度等によって変化します。流通をご希望の場合は、予備分が当社倉庫に保管され、万が一の不良品や、流通の過程で破損したときの交換用として使用されます。

Q 横型の製本も対応していますか?

横型にも対応しています
横型(長辺が横で、横に開く形)の書籍の製作も可能です。
ハードカバーの場合、製作料金が縦型の書籍に比べて、多少高くなることがあります。
詳しくはお電話(0536-23-6195)でお問い合わせください。
その他、ご希望に沿って作成いたしますので、ご相談ください。